脇のにおいを気にして

“脇のにおいは、昔それほど気にしていませんでした。
自分でかぐものでもないですし、臭っているというかんじもしなかったので、気にする必要もないと思ったのです。
ですがある日、脇毛の処理をしようと思い顔を近づけたら、なんか酸っぱい臭いがするのです。
凄く強い臭いというわけではないのですが、なんとなく嫌な臭いでした。
ほのかにツーンと臭うかんじでしょうか。
ですが、よく考えたら脇からいい匂いがする人なんていません。
私はあまり気にしないようにしました。
と言いつつ、一回臭いを感じてしまったのですから、気にするなというほうが無理な話です。
私はそれから、以前にも増して脇を丁寧に洗うようになりました。
ちゃんと洗うようにすれば、酸っぱい臭いも取れるような気がしたからです。
実はそれから、脇の臭いはかいでいません。
何故かというと、脇が臭い始めた保証はないということです。
実は以前から臭っていたけど、自分が気づいていなかっただけかもしれない、それなら過度に気にするのはやめようと思ったのです。
もちろんケアは大切ですから、ちゃんと洗うことはやめません。
ただ、定期的に臭いをかいだほうがいいのかなとは思っています。
町を歩いているとたまにプーンと臭ってくる瞬間があるので、ちゃんとケアしてほしいと思ってしまいます。
でも、もしその臭いを自分も発していたら嫌ですね。
脇の臭いを人に知られるなんて、こんな恥ずかしいことはなかなかありません。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>