自分の脇のにおいが初めて気になってしまった事

Posted onCategories未分類

“自分の体にはそんなに体臭がないと感じていたのですが、ある時からだいぶ体臭もあるのだと気づいてしまった事があります。いつも家に居る時はリラックスした服装ばかりをしているのですが、その時は上から着てしまえばすぐに着替え終わる洋服ばかりを着用していました。

しかも、その夏は猛暑で、汗をかきやすく仕事の時にも脇に汗をかくことがよくありました。そんな時には市販のシートなどで軽く汗を拭いていたのですが、同じ洋服ばかりを好んで着用していた為に、その服に自分の体臭がついてしまったようなのです。

それが脇のにおいです。左右の脇の部分に、同じような体臭がしました。よく言うワキガとは違うのですが、発酵したようなにおいなので当然不快ではあります。一度洗濯しても脇のにおいが全く取れないので、色柄物でも使える漂白剤を使ったのですが全く効果がありません。

その服は自分で着用した時にも、脇のにおいが気になって仕方がなくなったので、着用するのもやめてとうとう廃棄してしまいました。それからは交互に洋服を着るようになりましたが、そうするようになってからは洋服に脇のにおいはつかなくなりました。

しかし、それからは脇のにおいがとても気になるようになりました。体臭がなければ無問題なのですが、実際に私にはわずかにですが体臭があるようですし、人に会う時には気をつけなければいけないかもしれません。それからは、色々なデオドラント剤などもよく購入するようになりました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>